TOP > AGAとは

AGAとは

テレビCMや雑誌などでも取り上げられる機会が増えてきた「AGA」
具体的なことは分からなくても、なんとなくなら恐らく知っている人もいるはず。

これは毛髪に関するもので、別名「男性型脱毛症」と呼ばれ、治療薬などが病院から処方されていることから、1つの病気として認識されはじめています。

一般的には、だんだん額の生え際などが後退(M字)していくことや、頭頂部が丸く薄くなっていく(O字)のが特徴的な症状となります。

こういった毛髪量の変化は20代の前半からはじまり、35歳を迎えるころには何かしらの脱毛症状が男女合わせて約40%の人に起こると言われています。

AGAはM字・O字といった特異的な症状が見られ、薄毛が進んでいく進行性の脱毛症になります。

発症してしまう年齢や進行の度合いに関しては個人差があると考えられていますが、早い人では10代から毛髪が薄くなってしまうことも。

この病気は、一般的な原因は「ホルモンの異常」と考えられていて、回復するパターンは人それぞれですが、早期発見・早期治療によって毛髪量を回復させることができます。
髪の周期
原因には男性ホルモンテストステロンが関わっていますが、これが直接的な原因ではなく、これが5αリダクターゼtypeI・IIという酵素によって変換された脱毛性ホルモンDHTが頭皮に増えてしまうことで、男性のヘアサイクルを乱してしまいます。

通常、毛髪には生え変わり時期があります。
健康な人の髪は1日に100本前後抜けると言われ、対してAGAは100〜200本となっています。

大きく分けると4つの時期があります。
  • 成長期(早期・中期・後期)→退行期→休止期→脱毛期
上記のようなサイクルが通常です。
しかしDHTが頭皮に増えてしまうと、次のようになってしまいます。
DHTが増えると?
  • 成長期(早期)→休止期→脱毛
となり、成長期が極端に短くなってしまい、一気に退行期にまで達し脱毛期になります。

本来、髪の寿命は10年未満と言われていますが、AGAになるとその寿命は1年未満になると言われ、髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまいます。

ヘアサイクルが乱れたままだと髪が成長することができず、薄毛が進行していきます。

治療薬などは誕生しているので、もしかしてと思ったらすぐに治療はじめることで悪化を防ぐことが出来るはずです。

おススメの治療薬としてはプロペシアミノキシジルがあります。