TOP > AGAが与える印象

AGAが与える印象

AGAが与える印象
ここ数年増加の一途を辿るAGAですが、事実からを目を背け治療する事を諦めていませんか?

確かにAGAになってしまった場合は治療を開始してすぐ目に見えて改善されるわけでないですし、継続的にお薬を飲むなど長い月日がかかるためとても「手間」という印象があります。

しかし、その「手間」という事だけに囚われずに、AGA治療をすることの「メリット」についても少し目を向けてみてはどうでしょうか?

例えば仕事なら取引相手が薄毛だったりバレバレなカツラだったりしたら、良い印象を与えられると思いますか?

薄毛で仕事の良し悪しが決まるわけではありませんが、髪型というのは身だしなみでもあり、鼻毛の手入れや髭の手入れと同じです。

営業職ならトークに秀でていたり、独特の誘導技術を駆使して営業で成功している薄毛の人もいるかもしれませんが、基本的に身だしなみがしっかりしていないというのは致命的です。

優秀な営業マンを想像したら分かる通り、とても爽やかで自信に満ち溢れているイメージが容易に湧きますね。
優秀な営業マン?
これは恋愛に置き換えるても一緒です。
中には薄毛フェチな女性がいたりと少し特殊なケースもありますが、基本的に薄毛の人というのはまず目に止まり、初対面でマイナスの印象からのスタートになります。

素敵な女性に巡り合ったとしてもその空気感から敬遠されがちになり、いつしかそれが自分の自信をも奪ってしまいます。

若年性脱毛症といういわゆる「若ハゲ」に関して言えば、20代そこそこそで薄毛が目立つようになるため、異性関係において一番盛んな時期に訪れるチャンスを自ら逃している事になるのです。

薄毛の治療を諦めただけでこんなにものデメリットが生じます。
そしてこのデメリットのせいで自分に精神的なダメージを与える事にもなり、それがストレスとなります。

ストレスはAGAの進行に拍車をかける恐れもあり、一種の悪循環が出来上がってしまいます。
ストレスはAGAの進行に拍車をかける
今現状、鏡に映る自分の姿を見てどう思われるでしょうか。
「薄くなったかも?」と感じる人は決して少なくないのではないでしょうか。

ネット社会と言われる最近ではAGA治療薬は専門的なクリニックや病院ではもちろん、第三者の目が気になったり、忙しく時間がない人でもインターネットを利用して海外通販などでお薬が入手できる時代。

諦めるのを止めて一度現実と戦ってみませんか?遅すぎる、間に合わないという事は決してありません。

今からでも治療を始めて、3年後の自分、5年後の自分の明るい未来を想像して少しずつでも男性としての自信を取り戻す努力をしてみることを強くおすすめします。
お薬の通販