プロペシアとは

プロペシアとは
AGA治療薬プロペシアは、医師がはじめて飲み薬として処方する薄毛治療薬です。この薬の登場によって、薄毛やAGAが病気の1つとして認識されるようになります。

アメリカに拠点を置く製薬会社「メルク」により開発され、すでに60を超える国で処方されています。

国内では2001年〜臨床試験がはじまり、2003年には承認の申請、そして待望の2005年から販売スタートを認められました。

クリニックでの処方や、個人輸入によっても入手でき、薄毛男性が多い日本では愛用する人も増加しています。

実は成分である「フィナステリド」は、もともとは前立腺の病気に用いられるために開発された成分で、今でも「プロスカー」という前立腺治療薬として用いられます。

低用量であれば前立腺肥大に、高用量では前立腺ガンの治療に役立てられています。
プロペシアとは
前立腺と薄毛、まったく共通する事がないようにも思えますが、これらには共通することがあります。
それが、男性ホルモン。

どちらもホルモンの代謝に異常が起こることで発症し、薄毛に対しては直接的な原因ではないものの、酵素に変換されることで薄毛が症状となって現れます。

その酵素が「5αリダクターゼ」という酵素です。
これにはⅠ型・Ⅱ型があり、成分フィナステリドはⅡ型のみを阻害する作用があります。

酵素がホルモンを変換することで、薄毛を引き起こす原因である脱毛ホルモンDHTをつくりだします。

実際に、AGA男性の頭皮からは多数のDHTが検出されています。

なのでプロペシアを服用し変換に関わる物質を阻害すれば、脱毛ホルモンの生成を防げます。
DHT
  • 1年目58%
  • 2年目68%
  • 3年目78%

続ければ続けるほど、薄毛改善の効果は高まります。
これほど高い効果が得られる飲み薬は他にはないので、使用しない手はないはずです。

年間の服用と考えると費用が高騰しがちですが、最近では個人輸入によってジェネリックなどを利用する人も増えているので購入方法なども工夫してみると負担を抑えて治療できるはずです。

AGAの詳細についてはコチラ

お薬の通販

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは
男性特有の脱毛症であるAGAの治療薬として効果を発揮してくれるのが、ミノキシジルです。

頭皮の毛根部分の血管拡張作用する医薬品成分です。
国内では市販の薬の中に含まれていて、大正製薬が販売する「リアップ」シリーズが有名です。

気軽に薄毛治療をはじめられるので、多くの男性の頭皮改善に役立てられています。

ミノキシジルは、アメリカの「アップジョン(現在のPhizer)」が開発した成分になります。

毛細血管を拡げる作用があり、もともと高血圧症をもつ患者さんが血圧を下げるために開発された成分です。

ミノキシジルの歴史は意外と長く、1970年代から使用されていて、副作用症状の中に「多毛症」という全身の体毛が濃くなる(特に腕や足)症状が相次ぎました。

これを外用薬として男性の頭皮に用いたところ、高い育毛効果があることがわかり現在は育毛剤の成分として知られるようになりました。

つまりもともとミノキシジルは錠剤、飲み薬であり、副作用の中から発見された副産物ということです。

ロゲイン
育毛剤として製品化されたのは、1980年の初頭で「ロゲイン」という製品になります。

これは今でも欧米で販売が行われており、革命的な育毛剤として君臨し続けています。

国内でリアップが承認されたのは1999年、1%と5%の含有量が認められていて、これは日本でも初となる医学的な育毛促進の治療薬になったと言われています。

ミノキシジルの開発国であるアメリカでは更なる研究が続けられていて、今では高濃度の含有量の製品も数多く登場しており、高いもので15%以上で含有されています。

国内では安全性の面から高濃度のミノキシジルは認められていないですが、含有量を増やすことでより高い育毛効果は期待することが出来ます。
虫眼鏡を見る男性
個人輸入などで入手すれば購入は可能で、もちろん国内使用は自己責任であれば使用は認められています。

興味がある人は個人輸入で購入する事ができるミノキシジルを含む医薬品の詳細をご確認ください。

ただし血管を拡張する作用があるので、心臓病(狭心症など)の既往歴がある人や低血圧症がある人は稀にめまいを起こすので使用できない事があります。

外用薬には一定の育毛効果が認められているものの爆発的な効果を期待することはできないので、もしより高い効果を求めるのであれば高濃度で含有されている製品や、ジェネリックであればミノタブと呼ばれる錠剤などがオススメです。

購入方法と注意点

プロペシアとミノキシジル
AGAを病気と認識させるきっかけとも言える存在である「プロペシア」や、育毛剤としては革命的な存在で今なお販売が続いている「ミノキシジル製品」。

前者のプロペシアは病院で処方してもらうのが一般的で、育毛剤は市販薬として販売されていることからドラッグストアなどでも購入できます。

ここでネックになるのが、この2つ薄毛治療薬の値段。
市販薬に割引はないので定価での購入はもちろん、病院でのAGA治療は保険が利きません。

どちらも毎日の使用が必須条件になり、半年〜1年の使用が必要とされているので治療費高騰の問題が必然的に起こります。

高くて継続できないとなってしまっては、薄毛治療効果を十分に体感できないことにも。
赤ちゃんとPC
今ではインターネットが広く普及していることで、こうした高い治療薬もネットを通じて海外から低価格な製品を購入することもできます。

特に最近ではプロペシア・ジェネリックに切り替える男性が増加しており、その要因はやはり低価格であるということ。

病院では1錠300円ほどですが、ジェネリックであればその1/10ほどの約35円で購入できます。

ジェネリックにもプロペシアの成分となっている「フィナステリド」が含有されているので、低価格で同等の効果を得ることができます。

またミノキシジル系の育毛剤なども、海外医薬品に切り替えることで安く購入でき、ジェネリックならタブレットタイプなどもあります。

治療期間が長いだけに、どちらの製品も低価格であることはメリットになるはずです。
悪質なサイトにご注意ください
購入方法は、簡単です。
インターネットで、「プロペシアジェネリック」や「ミノキシジルジェネリック」などと検索してみると、日本語表記の海外通販サイトが以外とたくさんあります。

ここで注意するべきことが、安さを求める余りにいろいろなサイトに飛んでしまうことです。

当然、インターネット上には悪質な業者も複数存在しています。
ニセモノや粗悪品などの販売を行っている業者もいるので、出来る限り検索結果の上位のサイトで購入することが、もっとも安全なサイト選びになります。

サイトが決まれば、後は購入するだけです。
国内通販と方法はまったく同じで、次のような手順で購入できます。
  • ①カートに注文したい製品の数量を選択して入れる
  • ②配送先の住所など必要事項の入力
  • ③支払方法の選択(クレジットまたは銀行振込)
  • ④支払が完了後、10〜14日で配送の順になっています。

クレジット決済に不安があれば、銀行振込も対応しているので安心してお買い物できるはずです。
お薬の通販