プロペシアについて

皆さんはプロペシア(フィナステリド)と言うお薬をご存じでしょうか。AGA(男性型脱毛症)の治療薬としてアメリカのメルク社が開発したお薬です。
日本においてはMSD株式会社が2005年より国内で販売してます。
種類は1.0mgと0.2mgの2種類あります。
有効成分はフィナステリドになりまして、同じ成分のお薬でプロスカー(5mg)という前立腺肥大の薬もあります。
以前まで、フィナステリドは世界アンチ・ドーピング機構によって、筋肉増強剤の使用を隠す作用があると言われてたのでドーピングとして扱われてました。
しかし、2009年からは検査技術の向上により使用しても筋肉増強剤の検出ができることになったため、禁止薬剤から外れています。
AGAの治療薬に使われてるのですが、元々AGAとは遺伝や、男性ホルモンの影響でなると言われてます。
成人に近づくにつれ、額の生え際、そして頭頂部の毛髪がどちらからか、それか双方から薄くなっていくことです。
抜け毛が進行すると、薄い毛が目立つようになります。
AGAですが放置してますと進行していきます。日本で1260万人もいると言われてます。
若い男性でもなるのが特徴的で気にしてる方は多いと思われます。
必ずと言ってもいいほど進行していくので、気になっている方は放置せずに早めの治療をすることにより、進行を止めることができます。
そこでプロペシアなのですが、AGAの原因物質はDHT(ジヒドロテストステロイン)となります。
5a還元酵素によってDHTが変換され作成されますので、その5a還元酵素弊害することにより、DHTの作成を防ぎます。
それにより、細くなった髪の毛や、コシが無かった髪の毛は成長し、休止期ではえってこなかった毛穴から髪の毛が成長することが期待できるという訳です。
この薬ですがジェネリック医薬品でフィンペシアというAGA治療薬も出てます。
お暗示有効成分を含んでますので全く一緒の治療薬となります。フィンペシアですが、比較的安く購入できるとの事です。
他にAGA治療薬で外用薬としてミノキシジルという成分が含まれているロゲインという薬があります。
日本でいうと同じ成分で大正製薬からリアップという外用薬が発売されています。
リアップはシリーズ化もされおり日本では大変有名な育毛剤となります。
海外ではロゲインがメジャーでミノキシジル成分はAGAの患者にとってなくてはならない存在となってます。
経口薬と、外用薬両方併用したほうが効果的だと言われてます。

参考サイト

プロペシアジェネリック通販ガイド